難しい薄型テレビの購入も これで楽々 薄型テレビ完全比較!!

買うべき4Kテレビ

買うべき4Kテレビ

4Kテレビが本格的普及となりつつある今年、いよいよ本格的に売れる4Kテレビが、発売されました。これは、迷わず買いです。

それは、東芝からです。あの経営問題で揺れている東芝です。REGZAは、発売当初から非常にいい評価をされているテレビです。そんなテレビを作れる技術者を抱えて、なんと情けない経営陣だったことか。

東芝経営陣には、呆れましたが「レグザ」は、ますます磨きがかかり良いテレビを作り続けてくれています。この点には、好感がもてます。

買うべき4Kテレビ それは、55G20X

買うべきということですから、コストパフォーマンスが高いとするテレビです。上位機種からすると若干性能的には、見劣りするのが普通ですが、このテレビは違います。

東芝 55G20X REGZA(レグザ) 4K対応液晶テレビ 55V型

東芝 55G20X REGZA(レグザ) 4K対応液晶テレビ 55V型
価格:240,099円(税込、送料込)

性能については、ほとんど上位機種に遜色ない実力です。
そして、価格についてもこの55V型の大型パネルでありながら、

税込、送料込みで240,099円です。
買わない理由がないほどのコストパフォーマンスです。

特長

1、高画質

全面直下型LEDの採用。コントラストが圧倒的に違います。

2、HDMIの新規格 HDRの入力対応

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略です。これは、従来よりも輝度差を広くした映像のことです。このHDRにより、従来では、陰にしか見えなかった暗闇がその中にも映像が見えてくる、また、微妙な白色の違いも描き分け2Dありながら3Dで見るような立体感を描き出します。

これは、全面直下型LEDパネルと4KレグザエンジンHDRのハイレベルな画像処理技術により実現できました。画質はもちろん、高速グラフィック処理でレスポンスも向上し、快適操作も実現しています。

この新規格HDMI HDR入力が、可能となることにより今年秋、登場のUltra HD Blu-rayの映像を本来の高画質で映し出すことが可能となるのです。この本来の美しさを描き出すことのできるテレビは、現在このレグザG20Xとソニー ブラビアの上位機種のみなのです。

4Kテレビの購入を検討している方は、迷う必要はありません。
レグザ55G20Xをオススメします。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional